Let's Blow! 毒吐き@てっく別館
200604<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200606
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
つくる会騒動に関するあっしのスタンス
なんか、勘違いしてる人がいるみたいなんで書いときます
あっしは別に西尾マンセーじゃありませんから
で、嫌いだからといって、それだけで藤岡さん、八木さんを叩いたりしないよ

このブログは麻生太郎マンセーブログ、そして、大事なのはご皇室とこの日本

いつまでも、ぐぢゃぐぢゃやってるのが見苦しいし、当の本人である八木さんや宮崎さんが沈黙したままで、新田さんが特に出張ってくる必要も無いと思われるのに、コンピュータ問題が「幻」だとか言ってるんで書いてるだけ

コンピュータ問題?
一番の罪は種子島、宮崎両氏にあると思ってるよ

で、単純にこう書くと、また誤解を招く元となるんだろうけど、この場合一番まっとうなのは富樫さんって人
なぜだか知らないけど、新田ブログで富樫批判ってのを書いてたんで、とりあえず途中でアップしたんだよ

ここで、今まで書いたこと
ブログ書く気・・・なくなってます

つくる会クーデター未遂の考察

有象無象クン釣られてくるなよ

虚実の皮膜って言葉、知ってる?


さて、この後書くことあるけど・・・その前にもう一度これを

作る会よ(元・現)いい加減にしろ!

H13(2001).11
・富樫監事は、コ社への発注を知り、執行部会の承認を得るべきと宮崎事務局長に進言。

H13(2001)11.21
・「事務所パソコンのソフト保守契約の業者委託に関して」の事項で、コ社への移管を執行部会(田中、種子島、藤岡、高橋、宮崎)に報告、了承。ただし、システムの内容等に関する検討は行われていない。


H13(2001)11末
・システム移行に関する作業に着手。
・移行作業は平成14年2月末から3月にかけて行い、試験期間を経て4月より正式移行との方針をコ社・平岡氏との間で確認。
・移行に伴い会員管理業務の万全を期すため、完全移行までK氏との契約を継続。
・この頃から大島・阿部事務局員は要望①が反映されないのではないかとの危惧を抱く。

H14(2002).2
・コ社・平岡氏はKソフトを継承しての作成は困難と判断、宮崎事務局長に対して独自システムの構築を提案。同事務局長は従来の機能を維持することを前提に了承(ファイルメーカーを使用しないことで妥協)。その時点では3月末納品、4月試験期間、5月完全移行の予定。

・この頃種子島副会長は宮崎事務局長に対し、①旧システムをベースにせず、全く新しいシステムを構築する、②ユーザー(つくる会)側の要望を一本化し同事務局長が折衝の窓口となることを事務局長に指示(宮崎事務局長は「記憶にない」)。

(中略)

H14(2002).5.29
・平成14年度決算報告時に富樫監事より田中会長にシステム移行の件について承知しているか確認、会長は「知らない」と返答。

・富樫監事より宮崎局長に対して契約内容について質問したところ、同事務局長は「1000万円以上」と口頭で返答。同監事は①早急に正式契約を締結すること、②予算オーバーなので執行部会の了承を得ることを助言。

H15(2003).1.14~24
・富樫監事は友人の専門家(小林氏)とともに新システム導入に関して調査を実施し、①契約書等書類の不備、②発注内容の不明確、③旧ソフトより高度な内容にしてほしいとの要望に対応していない、④納入期限の不明確と検収書の不備、⑤つくる会の性格上長期債務の設定には問題あり、⑥内部の承認手続きに問題あり等について指摘する(正式報告書は1月27日付)。


H15(2003).1.22~
・田中会長、種子島・藤岡両副会長、宮崎事務局長、柚原事務局次長で執行部会を開催、契約期間を3年半とし、金額は小林氏の調査報告を参考に検討、種子島副会長・宮崎事務局長に一任することとした。後日「月額11万円、約1000万円」と決定。


で、続きは後ほどエントリにする
って言っても、今日中にかけるかどうかは分からん

こういうコメントいただいてて申し訳ないけど、誰かの良いようにエントリ書いたりしないし、結果として誰が不利な立場になるのかは知らない
少なくとも、うまいこと書かれた文章だけにだまされて、裏取りもせずにマンセーするようなボンクラじゃないことは言っときます

で、それでもまだおさまらなかったら、産経と中共の話とか、いろいろあるけど・・・書かせないでくれるかな?
西尾センセも八木さんも、藤岡センセに新田センセも

多分・・・名のある人は面白くないことになるよ
 







スポンサーサイト
つくる会を追い出された宮崎さんたちに都合の悪い資料その1
えーっと、まずトラバいただいた方へ
間違ってほかのエロトラバと一緒に消しちゃいました・・・スマソ
ちなみに、トラバ拒否はしていません
で・・・ついでに、ご自分のブログでトラバを受け付けられるようにしてください(トラバでけんかったよ)

たくさんメールもいただきました
元々、つくる会の資料って・・・てめえが辞めたら、てめえの保身のために公開する、ってのもなんだかなぁと思うんだけど・・・
で、新田センセの書いてることがホントかどうかもわからないし・・・だって原本知らんしね
ひょっとして・・・ホントだとしても、自分たちに都合のいい資料しか出してないんじゃないかな?
だ・か・ら・・・メールくれた人たちよ、あっしの書いてることと新田ブログの記述は50歩100歩かもよ

と、いいながら、まるっきりのでまかせをあっしが書くわけもなく(うちのブログの常連さんは知ってるはず)・・・出して欲しいと言うのなら、出してあげましょ、資料を

「新しい歴史教科書をつくる会」システム環境評価報告書

1.作業日時: 平成15年01月21日(火)、24日(木)

2.作業場所: 「新しい歴史教科書をつくる会」事務所(文京区本部)

3.作業者 : 小林図南(こばやしとなみ)

4.立会者 : 事務局長 宮崎正治氏 公認会計士 富樫信子氏

5.評価目的: 新旧会員システムの処理機能の妥当性について

6.評価内容:

①.つくる会の「旧会員管理システム」構築時の作業記録等のドキュメント類が無く、また、作業担当者が退職のためにその経緯については、不詳である。

②.旧会員管理システムは、下記の環境下で運用されていた。

OS:Windows NT 4.0
会員管理プログラム
サーバー側  : ファイルメーカー V4.0
クライアント側: ファイルメーカー V4.0(Mac版)

③.新会員管理システムは、下記の環境下で運用中である。

OS:Windows 2000 Server

高機能のOSを選択しているが、適切な環境設定が成されておらず無意味な使い方をしている。システムの設定者は、運用の経験が無いように思われます。

会員管理プログラム
サーバー側  : ファイルメーカー V5.5jv2 サーバー用
クライアント側: ファイルメーカー V5.5jv2 クライアント用

④.新旧会員管理システムのスクリプト、定義ファイル、ファイルのリレーション等を数列確認した範囲では、新たにメーキングしたものであると思われる。

⑤.旧会員管理システムにおいて動作チェックした範囲では、参考資料に記載されている不安定要素が見当たらない。ただし、OSのバグ、ファイルメーカーそのもののバグなどによる不安定要素は、検証できない。
作業担当者から聴取した範囲内では、会員管理システムの構築経緯から見て将来に渡る拡張性についての危惧があるものの日常の処理業務上トラブルが見当たらないとのことである。

⑥.新会員管理システムへの移行時において当然行われたであろう「業務分析」「要求定義」等のドキュメント類が見当たらない

⑦.下記資料に記載されている記述から判断して、新システム移行時に検討されたSQLサーバーによる新システムの構築が検討された形跡が全く見当たらない。
平成14年4月10日作成 大島よりコンピュートロニクス加々美様 国分様宛て文書による

⑧.機密保全契約書の締結が確認されたが、新会員管理システム開発に関わる見積書、契約書等の文書類が不詳である。見積金額等の積み上げにいたる経過と根拠が不明である。

⑨.新会員管理システム開発に使用された開発会社が使用したファイルメーカー サーバー5.5と発注先にインストールされたソフトウェアプロダクトは、同一登録番号を使用しており、明らかな違法行為である。

⑩.保守契約については、保守内容の明文化、保守サービスの期間と時間、無償と有償の範囲の明文化、保守担当者の限定、保守サービス時間の対応方法、電話連絡による対応、OS等の定期的保守項目等の詳細な取り決めが欠如している

⑪.日常の業務運用に関して開発者側からのログの記録、ディリーレポートなどの運用面のサポート等が全く無い。これらの記録の保存は、トラブル対策のために重要な資料となります。

⑫.新会員管理システムは、現時点で作業担当者から要求された項目が未解決である未完成のプログラムである

⑬.現会員管理システムは、外部回線に接続して無いためにインターネットからのウィルス等の侵入の恐れが無いが、その他セキュリティ対策が全く施されていない。

⑭.データの保全対策はMOデバイスが設置されているが、運用面からのサポートが対応されておりません。障害が発生したときは、致命的なトラブルが発生する恐れがあります。

⑮.貴会の「会員管理システム」は、アプリケーション・プログラムの処理機能のほかに日常の運用、セキュリティ対策、データの保全、トラブル発生時の復旧方法等において全く対応しておらず早急に第三者の外部コンサルタント等により最適な改善策を構築する必要があります。



ど?これでもあっしがてきとーなこと書いてるとでも・・・
原本の提示を要求しますか(笑)
その場合は、あっしだけじゃなく、新田センセを含むすべての人に正式に要求して下さい

で、実はほとんどすべての資料を入手してるんよね
先生方にブログで呼びかけを行っているのは、
自分にやましいところの無い人は、あっしの要求にこたえていただけるのかな?
なんて、思ったからです

あっしの調査能力をなめないで欲しい
で・・・文中にゃ釣りも入れてるって(笑)
だって、あっしはへそ曲がりだし意地悪だもんね(爆)
さて、先生方のお返事をお待ちしてます(笑み)
守秘義務は守ります、というか、あっしはメールでも他人様からいただいたものをそのまま出したり、名前を出したりしたこと無いはず
言うこともやることも頑固だよ・・・このブログ(本館)の過去ログ見てみそ


あ、上の文章は武士の情けで解説ののコメントは入れてない
それとも・・・入れて欲しい?(笑)



追記:何より許せんのは、みんなから預かった「浄財」を使うのに、全くずさんというかなんというか・・・誠意というものが感じられない、あの会の奴らは

新田さんや宮崎さんが富樫女史って公認会計士のセンセを批判してるのは、あの人が最大の敵だったからなんではないかと

あの人の言ってる事、やってる事は、まったくの正論だと思うんですけど・・・

それが、会を私物化して、いいように金を使いたいやつらには、うっとうしいと思われてたんじゃないかな
 
 


 
[つくる会を追い出された宮崎さんたちに都合の悪い資料その1]の続きを読む
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。